底地とはどのようなものか?

底地とは土地を所有している人が、その土地を第三者に貸している土地のことをいいます。土地を所有している人は、その土地の所有権とその土地を借りている人から地代をもらう権利(地代徴収権)を持っていることになります。一方で、土地を借りている人は地代を払うことにより、その土地を利用する権利を得ることができます。これは、借地権と呼ばれるものです。土地を利用できる借地権を得ることで、住むための住宅などを建てることができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 罰則規定のない法律には All rights reserved