罰則規定のない法律の意味

法律には罰則規定がないものがあります。むしろ、そのほうが多いくらいでしょう。つまり、違法状態なのに、それを咎める方法がないという状態です。これは、違法状態であるけれど罰するほどの程度ではないということと考えるほうが自然でしょう。罰則はなくても、民事上の損害がある場合には、債務不履行や不法行為として損害賠償をしなければならない場合も考えられます。行政に関する事案では、違法状態と認められる場合は許認可がされない場合も多くあります。法律自体が行動規範であり、本来の国民のあるべき姿を定めたものであることを考えれば、こうした規定が多いのは納得できますね。

罰則について詳しく知ろう

日本においては法律を破ると罰則を受ける事になります。検察官が刑罰を受けた方が良いと判断して、裁判を通じて弁護士との話し合いを通じて最終的には裁判官が判断します。裁判官も法律に準じてきちんと判断します。刑罰に関して納得行かない場合には高等裁判所や最高裁判所に判断を仰ぐこともできます。罰則が決まったらすぐに刑罰が課せられます。懲役や罰金の場合には執行猶予が付かない限りはすぐに刑罰が課せられます。特に罰金の場合にはどのように納付したら良いか、裁判所の事務員や検察地の検察官によく確認する必要があります。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 罰則規定のない法律には All rights reserved